2012年05月03日(木) 清水@アウスタ

前半 0-1
後半 0-2
合計 0-3
主審 今村 義朗



ふーようやく審判の話しないですむ

・・

・・・

・・・・

・・・・・

鹿島が負けてるじゃないか(´;ω;`)ブワッ


敗因は単純ですね。自分達のサッカーにこだわって対応できなかった鹿島の負け。

前半早々の失点は岳のスペースですね。ダイヤの宿命。バイタルがあきやすい。
そこをいいようにやられてしまった。
そのちょっと前にも似たようなシーンがありましたね。

やっぱり、ダイヤのワンボラに岳は向いていないと思う。
彼の武器はスルーパス。しばらくは前線で使いたい選手です。
ジョルジとしては、球離れの良さとパスセンスを買ってワンボラで使っているのでしょうが、いかんせん不安定だと思います。
前線に3枚並べてプレスをかけられたときに、一人で打開できるまで至っていなかと。


前半から清水は激しくプレスをかけていましたね。
ワンタッチでサイド変えていけば、対応できなかったと思います。
ピッチを広く使って、相手も広がったところで中央に行きたい・・・そんな試合だったと思います。

鹿島はひたすら前へ前へ。サイドチェンジなんて碌になかったですよね。
むしろ清水はサイドを大きく使って、鹿島を揺さぶっていましたね。

後半、鹿島の足が止まってきたのは、この揺さぶりが効いてしまったように思います。


あとは・・・
今日は球際が弱すぎるよね。


さて、CBコンビ。ボールが下がってくると、相手にプレゼント。そんなシーンが頻発していました。
試合中に修正しないのですかね。
マンマーク気味にきてくれていたら、一人かわせばチャンスになるわけで。
プレッシャーが厳しいことは逆にいなせばチャンスなわけで。

田代に単純にあてていくとか、ピッチを大きく使って相手を走らせるとか。
そうした老獪な戦い方がまったくできなかった試合であったと思います。

あとは、FWでボールが収まらない。
これはジョルジサッカーの弊害ですね。
縦に縦にと行くので、タメができない。タメがないから上がれない。
G大阪戦みたいに、プレッシャーが弱い状況では、ボールを取られないため、厚みを持った攻めを展開できる。

今年のJリーグは、清水、鳥栖、仙台、広島と、プレスの激しさを売りにしているチームが好調ですよね。

対応できないのであれば、中位から下位に沈んでしまうと思います。

ま、今はシュートを打つようになっただけでも収穫と思っておきます。



それにしても・・・

日本平で清水に勝てないのはいつものこと。

大勝した後に大敗するのもいつものこと。

慣れっこですよねwwww


GK 21 曽ヶ端 準 5.0 ノーチャンスに近い。が、3失点は頂けない。試合中の修正を。
DF 22 西 大伍 5.0 前を抑えられ、効果的なオーバーラップなし。サイドを制圧される。
DF 3 岩政 大樹 4.0 ポジショニング悪い。ドリブルでぶち抜かれる。良いところナシ。
DF 4 山村 和也 5.5 DF陣では最も固く守っていた。
DF 7 新井場 徹 5.0 攻め上がった後のスペースを良いように使われていた。イバさんのせいとは言い切れないが・・・
MF 20 柴崎 岳 4.5 バイタルを使われ、パスミスも連発。岳が悪いとは言い切れないが、それをどうにかしなきゃいけないシステム
MF 25 遠藤 康 5.5 攻撃の時に一人気を吐いていた印象。
MF 40 小笠原 満男 4.5 攻撃で良さを見せれず。ボックスの方がやりやすいのか?
MF 11 ドゥトラ 4.5 長所を消された。パスで軽くいなすことができない。
FW 13 興梠 慎三 5.0 裏を狙うも、パスが供給されず。
FW 9 大迫 勇也 4.5 何もできなかった。w
SUB
MF 15 青木 剛 5.0 中盤を取り戻すために投入。その後はCBへ。采配に振り回された印象。悪くはない。
FW 19 岡本 英也 4.5 何もできなかった。ww
FW 8 ジュニーニョ 4.5 何もできなかった。www

ジョルジ 4.0 戦犯

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック