2012年06月16日(土) 名古屋@鹿島

前半 1-0
後半 1-3
合計 2-3
主審 村上 伸次 ←

久しぶりにフルで観戦したらこんな試合かよ・・・

前半は鹿島がボールを支配する時間が長い。名古屋はカウンターから鹿島ゴールにせまる展開。
名古屋が広く展開したときに鹿島側はマークがずれる・・・いつものこと。

オフェンスは厚く攻めるも、バイタルでアイデアがなく、名古屋のCBに跳ね返される展開。

どちらにもチャンスはあり、一進一退の攻防って感じでしたね。

前半終了間際。
岳がインターセプト。そのままドリブルでボールを運ぶ。
ジュニーニョが右に開き、興梠がやや遅れて左側を駆け抜ける。
名古屋側は戻りながらの守備。
ジュニかシュートかって展開から、左サイドに流れた興梠にパス。
興梠は落ち着いて流し込む。

さて、後半。
入り方を完全に間違えた鹿島。
名古屋の攻めを受ける展開。

このままだとあぶねーぞーーーって感じの時に、ジョルジは青木投入を決断。
時すでに遅し。
投入直前にズドン。

そして、失点後も展開は変わらず。続いてズドン。

ジョルジは本山投入。

流れは一挙に鹿島側に傾く。
本山が入るとパスが回るし、DFラインが押し上げる時間ができる。

と・・・思ってたら本山一閃。
落ち着いて田中のマークを外してゴール右に柔らかなシュート。
シュートはゴールへのパスである。

素敵ですねーー
90年代サッカーですねww

追いついて押せ押せかと思いきや。
DFラインを上げられない。

中盤が間延びして、放り込みサッカーの名古屋に鹿島はたじたじ。
と思ってたらズドン。

ソガはノーチャンスですよね。

そして鹿島が得たコーナーキック。
名古屋の誰かさんがハンド!!PKきたーーーー!!!!!

のハズが、青木のファール?を取られてしまう。
VTR見ても、単なるハンドでPKが妥当ですね。

大迫は抗議でイエロー。
そのあと、イバのタックルはイエロー。

ま、ブチっと切れますわな。

けど、切れる前に、DFラインをどうにかしろと言いたいですね。


ちなみに、前半のダニエルが足をあげて遠藤にかかと落としくらわそうとしたプレーもイエロー妥当でしょ。
TVの解説では、今のは出さないほうが良いとか言っていましたね。
『試合がつまらなくなる』うんぬん。

アホか!!!!
イエロー相当のファールにはイエロー出せよ。
試合がつまらなくなるから退場させませんって、ルール無視もいいところ。

鹿島のDF陣のふがいなさも相まって、フラストレーションが溜まる観戦でした。

中田さん早く戻ってきてよ・・・・
岩政と山村のCBはほんと怖い。ってかやられすぎでしょ。


GK 21 曽ヶ端 準 5.0 シュートにはノーチャンス。けど3失点
DF 22 西 大伍 5.5 攻めは良いも、バイタルでの守備が相変わらず。
DF 3 岩政 大樹 4.5 失点は君の責任。
DF 4 山村 和也 4.5 フラフラただよってましたね。失点は君の責任。
DF 7 新井場 徹 4.5 やる気なしのイバさんでした。審判に相当いらついてましたね。僕もです。選手はピッチにいるんだから、プレーでやり返して欲しかった。
MF 20 柴崎 岳 5.0 アシストのパスは秀逸も・・・パスミスが目立つ
MF 40 小笠原 満男 5.0 前半はうまく試合を作る。しかし、後半立ち上がりの展開はなんなんだ?
MF 25 遠藤 康 5.0 左足でしかシュートが打てないのが痛い。
MF 11 ドゥトラ 5.0 ガス欠が早かったですね。シュートがミートせずチャンスをつぶす。
FW 13 興梠 慎三 5.5 好調で1得点。よく前線で体をはった。
FW 8 ジュニーニョ  5.0 体の切れが戻らないなりに、やはり上手い。

MF 10 本山 雅志 6.0 同点弾が見事。本山が入ると流れが変わる。
MF 15 青木 剛 5.0 役割を果たしきれず。
FW 9 大迫 勇也 4.5 何もできなかった。抗議は理解する。あれはPK妥当でしょ。

ジョルジ 5.0 青木の投入があと1分早ければ・・・しかし、ジョルジの采配ミスとも言い切れず。


ま、そんな感じで、
鹿島がダメな原因は、現在のところCBですね。
岩政と山村は安定しないですね。
いくのか行かないのかはっきりしないプレーがいらいらします。

山村の長所が見えない・・・源さん頑張ってよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック